歯医者が苦手な方でも安心です

治療内容をしっかりご理解いただいた上で、麻酔時の痛みを少しでも和らげるよう工夫し、治療を進めます。

痛みの少ない治療

麻酔が効いていれば治療中に痛みを感じることはありません。ですが、その麻酔を注入するための注射が痛いために歯科医院での治療に恐怖を感じてしまう、という患者さんもいらっしゃいます。

当院では「痛みの少ない治療」を心がけております。麻酔の際にも、少しでも患者さんが痛みを感じないよう工夫しております。また、治療そのものに対して不安に思われる患者さんへのケアもしっかりと行っています。

麻酔時の痛み対策

表面麻酔表面麻酔
麻酔を打つ前に、まず患部の表面を麻酔します。麻酔効果のある薬剤を歯ぐきに吹き付けたり塗ったりすることで表面の感覚をなくし、注射の痛みを和らげます。塗るだけなので、表面麻酔時に痛みを感じることはありません。

細い注射針を使用細い注射針
麻酔を注入するときの痛みの原因は、注射針の圧力です。太い注射針だと圧力が強くなり、痛みを感じやすくなります。当院では33ゲージの極細針を使っているため、痛みは最小限に抑えられます。

当院では、電動麻酔とともに手動での麻酔注射も行っておりますが、これは電動麻酔では対応できないくらいの繊細な圧力のかけ方ができる、ドクターの確かな技術の裏付けでもあります。

治療前後のインフォームドコンセント

インフォームドコンセント治療開始前と終了後には、必ず患者さんに鏡やCCDカメラでその日に処置する患部を見ていただきながら治療内容をご説明いたします。その上で患者さんからのご要望やご質問をしっかりお伺いし、心配事のないすっきりとした状態で治療に臨んでいただいております。

これは「何をされるのか(されたのか)わからない」という、治療に対する漠然とした恐怖心を取り除くと同時に、治療内容を理解いただくことで、より積極的に治療に臨むモチベーションを高めていただきたいという意図がございます。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら