永遠に続く、恐怖の歯科治療サイクルとは?

私たちは患者様の過去から現在に至るまでのお口の中の状態の変化を見極め、個人個人異なる疾患の根本原因を除去する事で、数年ごとの治療の繰り返しで歯を失う『歯科治療サイクル』から抜け出すためのお手伝いをしています


セカンドカウンセリング  ⅱ.007.jpeg
歯科医師として25年以上このサイクルが回って行くのを目の当たりにしてきているからこそこのサイクルの恐ろしさをお伝えできるのです。
治療した歯は元に戻ったわけでなく、一生リハビリの器具を付けている様なものです。
回数を重ねれば重ねるほど歯の寿命が縮まり、同じ歯の治療を5回程度繰り返すと抜歯に至り歯を失います。

繰り返しの治療の結果、将来歯を失わないためには健康な歯をこのサイクルに入れない事、既にサイクルに入ってしまった歯は虫歯の大小にかかわらず、その時可能な最善の治療法で治療して次の段階に進まないようにする事が大切です。

目先の治癒だけを求めるのではなく根本の原因を適切な方法で除去し、最良の治療を選択することが重要です。

治療法や治療材料に制限のある現在の日本の保険治療の場合、密閉度が低いために詰め物の中に細菌が入り込むことによるむし歯の再発、金属アレルギーや審美障害など、予期せぬトラブルや症状の再発が起こりやすくなります。
この結果、頑張って治療を受けても治療のサイクルが急速に回り出し、救えたはずの多くの歯や歯の神経が失われているのが現実です。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら