« 2017年3月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2015年8月30日

抜歯と言われても残せる場合も☆院長☆

院長の堀です。
今日はよくある、治らない根の治療への対応を症例写真を通してご説明します。

当院の患者さまからのご紹介の患者様。
上の奥から2番目の歯の歯茎が腫れて、某歯科医院にて3ヶ月間根の治療を続けていたそうです。
先日、3ヶ月かけた根の治療が終了しましたと言われた途端に、再度歯茎が腫れてしまったとの事。担当の先生から根が割れているのかもしれないので、残念ですが抜歯になりますと言われ、不安になり当院に来院されました。
roukou.jpg
丸印の部分が腫れている部分です。

レントゲン写真の赤い線が歯の根っこの形です。
xray.jpeg
ほっぺた側に2本、上あご側に1本の3本の根っこがあり、前歯よりがM根、奥歯よりがD根、上あご側をP根と言います。
白い線の様に見えるのは、根の中の管を密閉するために詰められたお薬です。
P根、D根には入っていますが、M根にはいじられた形跡がありません。
根の中の管は年齢とともに細くなり、中高年では石灰化と言って完全にふさがっている事もありますので、レントゲン写真だけでは2根しか治療しなかったのか出来なかったのかはわかりません。


ラバーダム防湿、患歯の消毒を行い、早速いつものマイクロスコープで治療を始めます。
楕円形のピンク色の部分がレントゲンで白く見えたお薬を上から見た所
maicro1.jpg
歯を傷つけない様に先端の小さい超音波の器具で周りを削って内部を確認して行きます。

実はこのような上顎第1大臼歯のM根がくせ者で、MB1,MB2根と言って一つの根の様に見えて実は根の中の細い管が2本存在するケースが40%以上もある事がわかっています。
この管の見落としが、奥歯の根の治療の再発原因のかなり割合を占めています。

古い教育では歯科大学でもこの歯の根は3本、そして神経の入っている根管もそれぞれに1本ずつで3根管と教えられていますので、残念ながら歯科医師の中でも未だにこの知識がない先生もいらっしゃいます。
 余談になりますが、健康保険では根管の本数によって治療費用の点数が決まっていますが3根管までしか存在しません。この点でも保険治療のコンセプトの遅れを感じます。

M根相当部分を、細い針の先ほどの専用の器具でひっかりや根管の入り口がないか探っている所です。
maicro3.jpg
やはり隠れていた未治療のMB1根管、MB2根管をすぐに発見!
これでこの歯は救われます。ここをきちんと消毒して治療すればおそらく腫れもひき、この歯は抜かずに治ります。
すぐに患者様に吉報をお伝えし、喜んでいただけました。^^

 
下の写真は、さらに治療を進めて根管をニッケルチタン製のファイルと言う器具を回転やトルクをコンピューターで制御できる電動のモーターで拡大した後の写真です。
4つの管の位置が確認出来ます。

3ヶ月かけて解決しなかった問題が治療開始日の1時間の治療でほぼ解決です。
この後1、2回中を消毒して根の治療は終了出来る予定です。
microzu.jpeg

根の治療は皆様が思っている以上に難しいものです。
特に上の奥歯の治療では根管の形態が複雑でバラエティーに富んでいるだけでなく、肉眼で覗き込んで治療するには物理的に無理があります。

特に奥歯の前歯側に位置している根管はデンタルミラーを用いて確認出来たとしても、器具を入れて根管の入り口を探る作業を肉眼で行うのはゴルフで毎回ホールインワンを狙うくらい困難です。

日本の保険の根の治療の成功率が50%以下なのには理由があります。
勿論マイクロスコープを用いれば誰にでもどんな症例でも治療可能なわけではありません。

使いこなす為のトレーニングも必要ですし、限界もあり頑張って治療をさせていただいても完治出来ない症例もありますが、私としては目の前にある歯を少しでも残せる可能性があれば、ダメな可能性もご理解いただき治療をさせていただいています。

今回の症例の様に、治患者様が訪れた歯科医院によって、歯を残せるか残せないかが変わってしまうのは患者様にとっても歯科医院にとっても残念な事です。

携帯電話やインターネットがなかった時代に戻れない様に、私にとってマイクロスコープ無しの治療は考えられません。

堀歯科診療所では今回の様な画像を写真だけでなく動画でもお見せしたり、ご希望される患者様には治療の経過をゴーグル型のモニターをかけていただき、ライブでお見せしながら治療を行うことも行っています。

堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2015年8月24日

むし歯と空☆Dr大倉☆

夏休み飛行機でお出掛けされた方、飛行中に
歯に痛みを感じていたら、むし歯かもしれませんよ!?

飛行機は離陸・着陸時に気圧の変化が起こります。
その時むし歯や治療途中などで歯に空洞があると内部の空気も膨張、収縮を起こします。
すると、歯を圧迫したり引っ張られるような力が生じて痛みを感じる事があるのです。
飛行機に乗る前に歯の治療は終わらせましょう、と言われるのもそのためです。

同様の理由から宇宙飛行士は打上げの前に、外れそうになっている詰め物はないか、飛行中に悪化しそうな歯はないか歯科医師に検診を受けます。(JAXA)
そして万が一に備え歯を抜く訓練も受けるらしいですよ︎ (若田光一さん著書より)

ご自身のお口の状態を知っているのは、血圧を把握しているのと同じように大切なことです。
飛行予定のある方もそうでない方も、健康を守るために検診にいらっしゃって下さい 。
大倉
shika16.jpg
堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2015年8月19日

大切な神経を守りましょう♪☆木村(風)☆

スタッフの木村(風)です☆
夏休みは何をして過ごされましたか?

私はペットの文鳥と遊んで(遊ばれて)ちょっとバレーの試合に出て、のんびりと過ごしました♪

今年の夏はものすごく暑かったので体調を崩された方も多かったのではないでしょうか・・・
私もちょっとだけ風邪をひきました><
休みになると風邪をひく体質みたいです(笑)

皆さんはちょっとした体調の変化や心の変化が歯にも影響があることをご存知ですか?
急に歯が痛くなって何をしてもダメで歯医者に駆け込むということは少なくありません。

そんなとき痛みの解決だけを優先して迷いなく神経を取ることはものすごくリスクの大きなことだということにまだ気づいてない方がいたらとても怖いことです><

もちろん虫歯が原因の痛みもありますが炎症を抑えて様子を見ることで神経を残せる場合も多々有ります!

痛い歯を何とかすることはもちろん大切ですが今生えている歯は一生使い続けなければならない歯だということも忘れないでくださいね⭐

指が急に痛くなって「じゃあ切断しましょうか!」と言われて「はい^^」とすぐに納得する方っていないと思います・・・・

歯も大切な臓器です。
大切していただけるように日々頑張ります^^

DSC_0055.JPG
※写真は白文鳥のぴよ♂です♪お昼寝中♪
堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2015年8月17日

免疫力アップしましょう☆有本☆

こんにちは♪

暑い日が続いていますね。
外気と冷房などの気温の変化で体調を崩してしまう方が増えているようです。みなさんも気を付けてださい!

みなさんは自分の平熱を知っていますか?
今、平熱が36度以下の「低体温」の人が増えているんです。

体温が1度下がると免疫力は30%低くなる
と、言われています。

私たちの血液の中には、免疫機能を持った白血球が存在し、その白血球が体の中をめぐることで、体の中の異物をパトロールしています。

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力が低下、体内に異物を発見しても、素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。


自分の平熱を知り、低体温の方は、基礎体温をUPできるように工夫しましょう♪

・朝のウォーキング(30分くらいがちょうどいいそうです!)
・白湯を飲む
・1日1回の入浴
・スクワット

などが良いみたいです(*^^*)
白湯は私自信も朝飲んでいますが、身体が暖まり、頭もスッキリしてくるのでおすすめです♪

みんなで免疫力向上して、季節の変わり目をのりきりましょう!!!!!!

スタッフ有本

堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2015年8月15日

奥歯全て失うと、動脈硬化リスク倍...高齢者調査☆院長☆ 

院長の堀です。

『歯と命の関係』 次々に明らかになっています!

歯周病を放置しても歯周病で歯を失っても、動脈硬化のリスクが高まります。
歯を大切にする事があなたの寿命を延ばします!

『お口のメインテナンスで命を守る』
当院の一歩進んだ"スマイルサポートクラブ"のコンセプトです。

以下、読売新聞記事よりの抜粋です。

奥歯を全て失った高齢者は、全部ある高齢者に比べて動脈硬化になるリスクが約2倍に高まることが、厚生労働省研究班(研究代表者=前田芳信・大阪大歯学部付属病院長)の調査でわかった。

 研究班は「奥歯がない人は、かみにくい緑黄色野菜などの摂取量が減るためではないか」としている。

 研究班は、大阪大や東京都健康長寿医療センターなどの研究者らで構成。高齢者の歯と健康との関係を明らかにするため、2010年から各地の70歳~100歳以上の2300人を追跡調査している。

 今回、兵庫県内の70歳代の男女約500人について上下左右に4本ずつ計16本の奥歯の状態と動脈硬化との関係を調べた。奥歯が全部ある265人で動脈硬化が見つかった割合は約4割だったのに対し、全て失った121人では約6割だった。喫煙や歯周病などの要因を除外した上で比較したところ、奥歯がない人は、ある人に比べて1・87倍、動脈硬化になりやすいとの結果が出た。

 一方、食事状況を尋ねた別の調査では、奥歯が全てない人は、ある人より緑黄色野菜と魚介類の摂取量がそれぞれ15%と12%少なかった。これらは動脈硬化の原因となる血液中の活性酸素や脂質を除去する成分を豊富に含んでいる。

 研究班の池辺一典・大阪大准教授(高齢者歯科学)は「奥歯がない人は、繊維質が多い野菜や、貝類、干物などを避けてしまうのだろう。入れ歯を使うなどして、しっかりと食べてほしい」と話している。

(2015年8月13日 読売新聞)

ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2015年8月10日

堀歯科皆でデンタルショーに行ってきました!

こんにちは!衛生士の三宅です!
梅雨が明けて気温が高い日が続いていますね!
皆さん熱中症には気をつけてくださいね!
水分補給をしっかりと!
さて、先日は院長とスタッフ皆で国際展示場で開催されているデンタルショーに行ってきました!
わたしは初めて行くためワクワク 笑
会場には沢山の企業さんで溢れそれぞれが個性がありとても刺激的でした!
歯科医療も日々進歩しておりびっくりする事ばかりでした!
この機会をくれた院長に感謝です!!!
私も歯科衛生士として日々努力し進歩していかなくては!!(^-^)
最後に受付の坂本さんと一緒にパチリ(´ω`)笑
shika15.jpg

Google +1
2015年8月 5日

保険の治療だから安全とは限りません!

お口の中の金属を見直してみませんか♪
院長の堀 滋です。
毎日ほんとうに暑い日々が続いていますね。

汗をかく機会の多いこの時期、指輪やピアス、ネックレスなどのアレルギーが起こりやすくなりますね。これは金属が汗で湿る事で皮膚に溶け出しやすくなる事に起因しています。

でも、恐ろしい事に保険の治療を受けたお口の中では、こんな状況が常に起こっています。

食の安全と同じくらいお口の中の安全も考えてみて下さい。

有機栽培や無農薬の野菜を食べていても、本当に安全ですか?

お口の中は池と同じで常に湿っています。むき出しの金属は池の中で必ず錆びます。

錆びるとは金属が外の物質と反応して徐々に外に溶け出してしまうことです。

アレルギーを起こしやすいパラジウムをはじめ、銀、亜鉛など様々な金属が含まれているお口の金属、いつも色々な金属を食べているのと同じです。イオン化した金属は体内の細胞の中に取り込まれて蓄積され、金属アレルギーや色々な疾患を引き起こす危険性もあります。

とても安全とは言えません。実はスウェーデンではこの種の金属は、身体に良くないものとして使用禁止になっています。
身の回りの色々な物の材質の進歩は凄いですよね!

昔は給食や社員食堂でも随分前から金属の食器は使われていませんよね。
健康のため、世界は身体に有害金属を入れないメタルフリー治療が当たり前。

でも歯科の健康保険の金属はもう50年位同じパラジウム合金という金属が使われ続けています。(左側)

      

当院では患者様の健康のため詰め物も被せ物も、土台もメタルフリー治療は10年以上前から当たり前です。
特に導入歴6年以上のセレックシステムによる治療では、安全で高品質なセラミックブロック(右側)からその日のうちに、詰め物やかぶせものをCAD/CAMのシステムでコンピューターが掘り出してくれるので、治療期間も短縮出来ます。

現代は金属が溶け出す事が無く安全なうえ、見た目も綺麗な体に優しいセラミックの時代です。

スペースシャトルの外壁も、包丁も、自動車のエンジンも、

最新のセレックシステムはこんな安全なセラミック治療を3D技術の進歩で皆様の身近な物にしてくれました。

セレック治療については当院ホームページのセレック治療をご覧下さい。

以前の記事を再編集して掲載いています。
堀歯科診療所
心と身体に優しい最新の歯科医療を提供しています。

Google +1

Google +1

堀歯科診療所
院長 堀 滋

院長 堀 滋

【所属学会・資格】
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
日本歯科審美学会
AIAI(国際インプラント学会)認定医
ITIメンバー

平成2年に東中野の地に診療所を構えてから、地域の皆さんに「世界標準の医療」をご提供したいという思いで診療を行ってまいりました。常に最先端の情報にアンテナを伸ばし、有効だと判断した技術を積極的に導入することで、患者さん一人ひとりに適した歯科治療をご提供しております。

Google +1