« 2017年3月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2017年3月11日

CREA 4月号『美容の整理整頓、始める』に当院が掲載されてます


院長の堀です。

今月号のクレア4月号『美容の整理整頓、始める』に当院が紹介されていますので、ご覧になって見て下さいね(^ ^)

歯科医師としての皆様への思いや当院の診療理念も語っています。
『あなたの口元』大丈夫ですか? 
お口も整理整頓が大切ですね!
CREA表紙.jpg

IMG_2125.jpg

堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪


Google +1
2017年1月 3日

こんな方々にご来院いただいています**院長

堀歯科診療所は歯科医院に以下のような事を求めている患者様に通院していただいています。

★あなたを大切にしてくれる歯医者に通いたい方
★今の年齢に無関係に口元を綺麗にして見た目と健康を保ち続けたい方
★通う事で元気になれる歯科治療を体験したい方
★最新の材料や治療法による健康のための歯科治療を受けたい方
★恐怖や痛みを感じない丁寧な歯科治療を受けたい方
★治療に対する疑問や不安を解消してくれる歯医者で治療したい方
★両親や友人、恋人を安心して紹介出来る歯医者を探している方

ホームページはこちら

特に以下に当てはまる方は、治療を受ける前に当院にご相談下さい。
*虫歯が深く、次回神経を取ると言われた方
*根の治療に5回以上または、1ヶ月以上通っているのに治らない方
*根の病巣が大きいので、歯を抜かないと治らないと言われた方
*歯の床に穴が開いているので抜歯と言われた方

Google +1
2016年12月28日

12月29日〜1月4日まで休診いたします

お正月休みのため、12月29日〜1月4日まで休診いたします。
新年は1月5日(木)より診療開始となります。

Google +1
2016年12月 9日

自由診療と保険診療、日本はどうして2つ?  ***院長

患者様にも『選択の自由』がない歯科の保険制度

3分でできるインスタント食品やファーストフードを食べるのか、素材や調理法にこだわり丁寧に作られた健康的な食事をするかは個人の自由で、そこには自己責任をともなう「選択の自由」があります。

保険料を払っているのに『選択の自由』が無いのが健康保険の歯科治療です。
しかも、その結果については誰も責任をとってくれません。

健康に良くないと、世界では使われなくなっている金属の使用さえも歯科医師に義務づけられています。

人の一生に関わる医療なのに、歯科医師が『現在のところ、この方法や材料がベストですが、保険だとこのような治療になります』という選択肢を言わなければならないほど、低い医療水準に設定されている保険治療の制度自体に問題があると思いませんか?

お口の健康は健康の最上流です。
『歯科医療は歯の為にあるのではなく、健康を守るための医療です。』
食べ物は排泄されますが、受けた歯科治療は身体の一部としてお口の中に存在し続け、日々健康に影響を与え続けます。

健康のために厳選した食べ物が無駄にならないように、お口の中からあなたの健康を害するリスク因子を取り除きましょう!

知らなかったでは済まされないお口に潜む『身体をむしばむリスク因子』
いくつご存知ですか?

虫歯・歯周病・口腔内細菌量の過剰・お口の中で溶け出す金属・歯の金属がもたらす電流・電磁波を集める歯科金属・根の治療が引き起こす体内活性酸素の増加・唾液の分泌不良・口腔乾燥・口腔周囲筋の機能不全・咀嚼機能不全・口呼吸による酸素不足・噛み締めによる体調不良・普段の舌の位置の間違いがもたらす疾患

切ってもきれない『お口の健康と全身の健康』まだまだ数えきれないほどのリスク因子が潜んでいます。

Google +1
2016年11月20日

当院はこんなクリニックです🎵 **院長

食べた物があなた自身を創造します。
糖質を遠ざけ良質な油と十分な量のタンパク質を摂ること、そして自然のままの安全な野菜、それらが材料となり60兆個の細胞を日々作り変えるだけでなく、人間の思考までも創り上げています。

食の選択が健康にとってとても重要なことは誰もが気がつき出しています。

でもちょっと待って下さい!
食べ物に気を使っていても、実はそれらの効果を半減させてしまうほどの、
3つの大きな問題が多くの方のお口の中に、何の症状もなく潜んでいるのです。
お口は健康の最上流、皆様が思っている以上に健康への影響力は大きいのです。
歯の問題は健康寿命を縮め、命にも関わります。

これら3つの問題を解決させていただくのが当院の治療と予防です。
その3つの問題とは?


  1. 1歯肉の慢性炎症
    2根の先の慢性炎症
    3お口の金属の影響

1歯肉の慢性炎症

清掃不良による歯表面のバイオフィルムの増加や食生活の乱れは、お口の中の細菌バランスを崩し、口腔内環境が悪化させます。そのまま放置すると歯肉の炎症が進み、歯が抜けてしまう歯周病が進行するだけでなく、歯肉から血管内に慢性的に細菌が侵入し続けます。これらの炎症反応により血管内にIL-6(インターロイキン)、TNF-αなどの炎症性サイトカインが多量に放出されると、動脈硬化が進行するだけでなく、老化や癌などの様々な疾患の原因にも成る、体内の活性酸素量が増加し、健康寿命を縮めます。

*歯周病との関連が明らかになっている主な疾患
糖尿病4.5倍・脳梗塞2.8倍・心筋梗塞・動脈硬化・脳卒中・脂肪肝の癌化・認知症
当院では、保険のクリーニングでは除去出来ないこれらのバイオフィルムを徹底的に除去してお口の環境改善を行い、歯肉の健康と、身体の安全を確保してから治療を開始します。

2根の先の慢性炎症

神経を取った歯の内部は、心臓や肺の内部と同じ臓器の内部であるにもかかわらず多くの場合、無菌的な治療が行われず、細菌だらけの唾液にまみれた状態で治療が行われます。このため治療時に内部に侵入した細菌は被せ物の奥深く、象牙細管という歯の根の内部で繁殖し続け、慢性炎症を引き起こし、周囲の血管をとおして歯肉と同じように炎症性サイトカインが放出され続けます。

フィンランド・ヘルシンキ大学の研究によると、無症状でも根尖病変が存在すると、世界的にも死因の上位である『急性冠症候群』、いわゆる狭心症・心筋梗塞・心臓性突然死の発症率が2.7倍にも跳ね上がるなることがわかっています。

当院では、歯を唾液から隔離するラバーダム防湿法を用いた無菌的処置と、最新のマイクロスコープを用いることで成功率の高い世界標準の根の治療を提供しています。

また、当院では、通常の保険治療では神経をとらなければならないと言われた歯でも、高確率で神経をとらない処置(抜髄回避治療)が可能です。

3お口の金属の影響

保険治療で使用が義務付けられているパラジウム合金は、見た目も不自然ですが、金属アレルギーだけでなく、イオン化した金属の体内蓄積や、発生する電流の健康への悪影響からヨーロッパでは既に使用が禁止されています。

また、金属は歯と化学的に接着しないため、隙間があり、虫歯の再発だけでなく根の内部への細菌の侵入経路と成り、治療の繰り返しの温床と成ります。

*歯科金属との関連が考えられる疾患 
金属アレルギー・原因不明の手足の湿疹・頭痛・肩こり・慢性疲労症候群・うつ・掌蹠膿疱症・自己免疫疾患・

当院では特別な場合を除いて、一切金属を使用しない、セラミックを中心とした安全で身体に優しい歯科材料のみを使用しています。

当院では以上の3つの問題を解決したのち、会員制のメンテナンスサポートで皆様の全身の健康につながる、お口の健康サポートを提供しています。


Google +1
2016年9月28日

第4回患者様向けセミナーのお知らせ ** 院長

第4回患者様向けセミナーの日程が決まりましたのでお知らせ致します。

歯科治療でお悩みの方、ご自分のお口の将来が心配な方、歯科医院選びに困っている方、当院に通う事が前提のセミナーではございませんので、他院で治療中の方でもお気軽にご参加下さい。
セミナー終了後、質疑応答時間もございます。
ご予約、お問い合わせは03-3366-6480まで、、。
セミナー.jpg
セミナー.pdf

堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2016年9月24日

同業者に信頼していただけるのはとても光栄です! *院長*

歯科医師であり、歯科における栄養療法の大先輩である高地先生が私の150分のプレミアム初診を受けに、青森県からいらっしゃいました。
IMG_1226.JPG
セルフコントロールはバッチリで、歯肉はとても健康ですので、クリーニング後、PMTCまで行いバイオフィルムを完全に除去しました。
今後、口腔内のメタルを全て無くす治療と、劣化した古い詰め物を最新の材料に置き換える治療をさせていただきます。

ちなみに青森県の先生のクリニックはこちら
お嬢様が東京の大学に通われている事もあり、月に二回程度のペースで治療をさせていただく事になりました。
特にマイクロスコープで拡大した口腔内をメガネ型モニターで見ていただきながらの診査は、先生にもとても感激していただけて良かったです。


堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2016年9月19日

正しい糖質制限は病気を遠ざけます! **院長

ケトジェニックダイエットアドバイザーに認定されました!!
2015年国民医療費、過去最高!42,3億円
医療費は毎年伸び続けているのに、病気は一向に減りません
現代医療の方向性に間違いはないのでしょうか?
勿論、命を守る大切なお薬や最新の医療もあります。
しかし、私たちの身体は食生活を変えるだけで、病気を遠ざけ薬を手放す力を持っています。正しい糖質制限は人間の持つ自然治癒力を最大限に引き出してくれるものなのです。勿論虫歯や歯周病の予防効果も計り知れません。
IMG_1212.JPG
私が勉強させていただいているファンクショナルダイエット協会は最新の栄養学の知識を広めることで、『食で日本を元気にしよう!』と言う集団です。
ご興味のある方は是非、以下のサイトを御覧ください。
日本ファンクショナルダイエット協会

堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2016年9月15日

今受けている治療?長生き耐えられますか? **院長

今受けている歯の治療、長生きに耐えられますか?
そろそろ考え方を変えないとその先には歯のない人生が待っているかもしれません。( ; ; )
syourei_008.jpg
保険治療では健康になれない3つの要素
1.本当は歯をダメにす
2.全身の健康力を弱める治療 
3.見た目が不自然な治療

           
1.本当は歯をダメにする
金属の詰め物やかぶせ物は隙間が大きく、内部に容易に細菌が侵入して虫歯の再発や根尖病巣を作る原因となり、治療の繰り返しの温床となります。同じ歯の治療を4回程度治療を繰り返すと抜歯になります。再発や多くの抜歯の原因は歯科治療です。はじめから次回の治療の予約を取っているような物なのです。

2.全身の健康力を弱める治療
保険で使用されているパラジウム合金は、日本で56年以上使い続けられている歯科材料で、スウェーデンやドイツでは健康に害を及ぼすと言う理由ですでに使用が禁止されています。イオン化して電流が流れ、細胞内の正常な活動を阻害したり、アレルギーを引き起こしたり、他の臓器の細胞の働きを阻害したりするので安全な治療材料ではありません。
また、保険の根の治療は、成功率の低い旧式の治療法で行われているため再発しやすく、全身にも影響する病巣を作る原因になります。お口の金属や根の病巣は、以下の疾患とも関連がある事がわかっています。
金属アレルギー、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、原因不明の皮膚の湿疹、自己免疫疾患、味覚障害、うつ病、慢性疲労症候群、片頭痛、肩こり、癌、etc

3.見た目が不自然な治療
口元はあなたの名刺です。銀歯は口元の第一印象にマイナスになります。噛めるようになっても、ご本人の社会生活にマイナスの影響があっては治療とは言えません。 海外では歯が綺麗なのが常識です。ヨーロッパ、アメリカの首脳陣や政治家は口元が綺麗なのが普通で、黄ばんでいたり銀歯が見えている人はいません。口元が綺麗でないと出世出来ないのです。

保険だからと安心して一生懸命治療に通っても、再発を繰り返し最後には歯を失います・・・・。 
治療のための金属が全身疾患の原因となっている恐れまでもあります・・・。

時代の変化に取り残されている日本の保険の歯科医療。
保険外の最新の材料や手法で治療させていただき、継続的にメインテナンスを受けている大多数の患者様は長期間歯を失うことはほとんど無く、いつまでも健康的な笑顔が保たれています。

現在、日本の平均寿命は80歳以上ですが、私が子供の頃は60歳前後です。

日本の歯科の健康保険制度の基本はその頃に決められたものです。
当時は予防の意識や治療技術がどんなに未熟でも、歯の治療の寿命が尽きる前に人生の寿命が尽きしまったので歯科医療は重要視されませんでした。
今では、お口の健康状態が健康寿命に直接影響することがわかっています。
誰もが長生きする長寿社会、歯の治療の重要性が以前より増しています。

充実した人生を送るには健康が全てです。
治療の繰り返しは歯の寿命を短くします。
歯の寿命が人生の寿命を上回るようにするには、定期的なメインテナンスを受けて病気を予防することと、いま可能な最善の治療を受けていただくことが必要です。

院長 堀 滋
堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1
2016年9月 9日

虫歯になりにくい歯磨きの方法 ☆木村風子☆

9月に入りましたがまだまだ暑い日が続いていますね。
台風や地震も続いているので少し心配です。

今回は歯磨きの方法について少しお話したいと思います^^
子供のころからもう何百回、何千回と歯磨きをしてきているベテランの皆さまですが
だからこそ危険があったりもするのです!!!

いつもなんとなく歯ブラシをくわえて・・・なんとなく磨き始めていないでしょうか?
実は1番磨かなければいけない場所、磨きにくくて汚れがたまりやすい場所は全然みがけていない可能性があります><

ポイントはまず歯医者でここは注意ですよといわれたところから丁寧に磨きます。
歯間ブラシも行いましょう。

そのあとはこちらのクールブラッシング法を行って磨いてみてください。(そよ風便り参照)
soyokaze.JPG


1日3回1年間歯磨きをすると年間1095回も磨くことになります。
その一回一回を丁寧に、効率よく磨くことで虫歯の可能性は格段に下がります。

是非毎日の習慣を効果的な虫歯予防の時間に変えてみてください♪
堀歯科診療所HPのTOPはココをクリック♪
ブログバックナンバーはココをクリック♪

Google +1

堀歯科診療所
院長 堀 滋

院長 堀 滋

【所属学会・資格】
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
日本歯科審美学会
AIAI(国際インプラント学会)認定医
ITIメンバー

平成2年に東中野の地に診療所を構えてから、地域の皆さんに「世界標準の医療」をご提供したいという思いで診療を行ってまいりました。常に最先端の情報にアンテナを伸ばし、有効だと判断した技術を積極的に導入することで、患者さん一人ひとりに適した歯科治療をご提供しております。

Google +1