当院の入れ歯メニュー

保険の入れ歯(レジン床)保険の入れ歯
保険診療で作ることのできる代表的な入れ歯で、通常最も多く作られる入れ歯です。比較的安価に作れますが、強度を保つために床を厚く作ったり大きめに作る必要があったり、入れ歯を支える歯が弱ってしまったりするなどの難点があります。また、食べ物の温度を感じづらく、耐久性はあまりよくありません。数年ごとに作り変えることをお勧めいたします。

自費の入れ歯
●金属床義歯金属床義歯
床の部分が薄い金属でできている入れ歯です。入れ歯を薄くすることができるので装着時の違和感が少なく、言葉も発しやすくなります。温度が伝わりやすいので食べ物の温かさや冷たさを感じやすく、お口に合わせた人工歯を使用するため見た目もきれいに仕上がります。

●マグネット義歯マグネット義歯
歯根に磁性金属を取りつけ、入れ歯の裏側に超小型磁石を取りつけます。磁石の間に吸引力が発生し、動きにくくなる入れ歯です。入れ歯を支える金具が見えないだけでなく、着脱時の負担も軽減できます。

●インプラント固定型義歯インプラント固定型義歯
顎に数本のインプラント体を埋入し、それを土台にして入れ歯を装着します。入れ歯をしっかりと固定できるため、ずれて痛みを覚えることもありません。装着時の違和感も少なく、自分の歯と近い感覚でしっかりと噛むことができます。使用するインプラントの本数も少なくて済むので、治療コストも軽減できます。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら