歯周病の主な症状

歯周病の主な症状・ブラッシング時に出血する
・何となく歯が浮いた感じがする
・歯に力が入らず、硬いものが噛みづらい
・口の中がねばねばした感じがする

このような警告信号が出ることもあります。

疲労が重なると歯ぐきが腫れる
歯周病は、急性化すると激しく痛んだり腫れたりしますが、数日で痛みや腫れも消失してしまうため、治ったものと勘違いして、知らないうちにさらに進行してしまっていることがよくありますので注意が必要です。程度の差はありますが、日本人の成人の約80%の方がこの歯周病に罹患しています。

軽度の歯周病は、適切なブラッシング法を身につけ、定期的に歯のクリーニングを受けるだけで比較的簡単に治すことができます。中等度以上に進行してしまった場合は、治療に長い期間を要します。また、非常に再発しやすい疾患なので、治療後も歯科医院で年に数回の定期的なクリーニングをするなど、予防のためのメインテナンスを続けていかなければ健康は保てません。

健康の第一歩はお口から始まります。食べ物をしっかりと咀しゃくできない状態が続くと、唾液の分泌も減り、胃腸での消化吸収がスムーズに行われなくなり、身体全体に大きな負担がかかります。さらに最近の研究では、歯周病は、細菌自体や免疫系への刺激を介して、糖尿病や心臓血管系疾患、骨粗しょう症、低体重児早産などの全身疾患のリスクをも高めることがわかりました。

たとえば、心筋梗塞などの発作による死亡率は、歯周病を持っている人のほうが非常に高いという恐ろしいデータも報告されています。また、遺伝的な原因で起きる歯周病の遺伝子の位置は、糖尿病の遺伝子と非常に近いところにあり、お互いに関連して発病している可能性があることもわかってきています。

このように歯周病は、歯の寿命だけでなく、人間の命を短くしてしまう可能性があることが次々にわかってきています。このような研究はまだここ数年始まったばかりなので、今後も種々の全身疾患との関連が徐々に明らかになってくるものと思われます。

一方、糖尿病、肥満、ストレス、喫煙などは、歯周病のリスクを高める作用があります。特に喫煙者の方は歯周病のコントロールが難しく、歯ぐきの傷の治りも大変遅くなります。場合によっては、禁煙をしない限りその進行を止められないことも多くあります。

歯周病にかかっているかどうかは、歯科医院でのレントゲン写真撮影のほか、歯と歯ぐきの境目の溝の深さを測るポケット検査をすれば、その進行の程度も知ることができます。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら