歯周病の原因(やや専門的)

歯周病の原因歯周病は、歯の周囲やポケット内で増殖した細菌による感染症です。歯周病菌は、菌の体内に内毒素(LPS)という毒素を持っていますが、細菌の増殖とともに古い細菌が死ぬと、次々とこの毒素がポケット内で多量に放出されます。細菌の量が増え、古い細菌が多くなればなるほど毒素の量が多くなります。

この毒素は人間の免疫系統に感知されやすい物質であるため、周囲の歯肉の免疫機構がこれを感知し、周囲およそ2mm以内の範囲に毒素を処理するための白血球がたくさん集まってきます。白血球は、この内毒素を壊そうと種々の物質を放出したり、毒素を取り込んで死に絶えたりします。これらの反応の結果、自分自身の歯肉の細胞内のコラーゲン繊維が壊れ、歯ぐきがぶよぶよになっていきます。これが歯肉の炎症です。

このような状態が続くと、人間の身体はさらに進んだ防御策を取ろうとします。今度は自分自身で歯を支えている骨を溶かし、毒に侵されて危険な歯を排除してしまおうとするのです。破骨細胞という骨を壊す細胞を出動させ、歯を支えている骨を少しずつ溶かしてしまいます。意外かもしれませんが、直接歯ぐきや骨を壊しているのは、細菌ではなく細菌から身を守ろうとする自分自身なのです。

このように歯周病とは、細菌の毒素とその毒素に対する人間側の反応によって歯周組織が壊されてしまう疾患です。そして、これらの反応にはかなり個人差があります。同程度の細菌量でもほとんど反応しない人と、少量の細菌でも大きく反応してしまう人がいます。

年齢によってもその反応は異なり、40歳以上になるとその反応が強くなる傾向にあります。このような歯周病の発症や進行に影響する因子を「歯周病のリスク因子」と呼びます。現在わかっている歯周病のリスク因子としては、年齢のほかに、喫煙、糖尿病、肥満、ストレス、女性では妊娠、ピルの長期間服用などがあります。これらの因子を除外することができると、臨床的にも歯周病の治療が非常にスムーズに進みます。

また、10%の人は遺伝的に歯周病になりやすい遺伝子を持っており、十分なプラークコントロールをしているにも関わらず進行してしまう場合もあります。ご両親のどちらかが若いうちから多くの歯を失っている場合には、少し注意が必要かもしれません。

歯周病の原因
白血球が集まってくる
 ↓
LPSを壊す
 ↓
歯肉のコラーゲン繊維が壊れる
 ↓
歯肉がぶよぶよになる
 ↓
骨を壊す細胞が出てくる

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら