【歯周病治療の流れ】3.治療

初期治療とは、原因除去治療とも言われ、字のとおり、炎症の起きる原因を除去する治療法のことです。

プラークコントロール、歯肉縁上歯石の除去歯周病治療の流れ
基本的なブラッシングの方法や歯ブラシの選び方、補助的な清掃用具の使い方等を覚えていただきます。歯周病はほとんどの場合、奥歯の歯と歯の間の磨きにくいところが進行しています。その部分をきれいにできるかどうかが大きなポイントです。

治療は、歯ぐきの上に見える部分のクリーニングから始めます。傷んだ歯肉や歯の表面を傷つけないように、ポケットの浅い部分のプラークや歯石を無理せず簡単に除去できるものから除去します。最近ではほとんどの場合、この処置には超音波の振動を利用した超音波スケーラーという器械が用いられます。この処置は、2~3回で終わります。

再評価、SRP
初診からおおむね1か月後、ブラッシングによる歯肉の引き締まりを待って、再度ポケット検査をします。検査の結果に基づいて、初めに決定された治療計画の変更が必要かどうかを再度検討します。歯周病が軽度の部位は、ほとんどの場合ここまでの治療で治りますが、以降も定期的なメインテナンスを続けていかなければ再発の危険があります。

この時点で深いポケットがあり、出血も認められる部位は、次のステップへ治療を進めていきます。

次の治療は、保健用語でSRP(スケーリングルートプレーニング)と呼ばれています。この処置は、ポケット内部の歯根表面についた歯石や細菌性の汚染物質を徹底的に取り除く治療です。現在では、この処置を歯根面のデブライドメントと呼んでいます。この処置はポケットの深い部分を触りますので、麻酔を必要とする場合もあります。

歯周病治療の流れこの治療は、以前はキュレットと呼ばれる手用の器具でガリガリ削って、根の表面をツルツルになるまできれいにしました。現在では、根の表面のセメント質という、歯周組織の再生にとても大切な生きた細胞を傷つけないように、特別なチップをつけた超音波スケーラーを使用する方法に変わってきています。

これは、歯の表面の非常に薄い組織であるセメント質の重要性がわかってきたことと、細菌性の汚物が歯に付着している強さが非常に弱く、簡単に剥がれてくることがわかったことによります。キュレットによる方法では、術者の技量の差が治療結果を大きく左右してしまうことや、セメント質を余計に削り取ってしまい、根の表面に細菌が溜まりやすい傷を作ってしまうこともあります。

なおスウェーデンでの研究によると、この超音波スケーラーも、歯根表面が傷つかないよう特別に開発されたタイプのものでないと根の表面を傷つけてしまうというデータが出ています。また、この処置を健康保険治療の範囲で行う場合には、お口の中を6つのブロックに分けて1ブロックずつ処置をしなければならないので、すべての歯をきれいにする必要がある場合には6回の来院が必要となります。

再評価
処置の終了から歯肉の治癒期間を考慮して、再度ポケットの深さ、出血の有無を検査します。初期から中等度の歯周病は、ほとんどがここまでの処置で治すことができます。歯肉が完全に治ったのを確認できたら、ここで初めて被せ物を製作する補綴処置という段階に入ることができます。

この時点の歯ぐきの位置は、歯周病が治癒して歯ぐきが引き締まったために、初診時の位置よりも下に下がっています。今まで見えなかった、被せ物と歯ぐきの境目のラインも見えてきます。これ以前に最終的な被せ物を作ってしまうと、被せ物と歯ぐきの境目の位置を適切に作ることができず、あとで見た目が悪くなってしまったり、清掃性が悪く、歯肉の炎症を起こしやすい被せ物になったりしてしまいます。

歯周外科手術歯周外科手術
ここまでの治療が終わっても、6mm以上のポケットがある部位では、骨の形態を整えて、外科的にポケットを浅くする手術が必要です。最も一般的に行われる手術は、歯肉剥離掻爬術(FOP)と呼ばれる手術です。簡単に言うと、歯ぐきを開いて、根の表面を直接見て汚染物質を完全に取り除くとともに、ポケットを浅くする手術です。

この手術は、外科的に歯ぐきの位置を下げてポケットを浅くするので、術後約2mmくらい歯ぐきが下がります。このため、手術後は歯と歯の間の隙間も大きくなり歯が長くなったように見えてしまうので、審美性の改善のためにあとから被せ物で形態を整える等の処置が必要となってきます。

このような手術では術前術後のプラークコントロールがとても重要で、十分なプラークコントロールができていない状態での手術はかえって歯周病が悪化してしまいます。また術後も、早期にブラッシングを開始して、徹底的なプラークコントロールを続けていかなければよい結果が出ません。

再生療法
歯周外科手術時と同時に行われる、歯周病で減ってしまった歯の周りの骨を人工的に再生させようという治療法です。当院で行っている再生療法は、エムドゲインというジェル状の物質を用いるもので、健康保険適応外の治療となります。手術時にこの液体を骨と歯との隙間の部分に流し込むだけの比較的単純な手技です。

●エムドゲインエムドゲイン
スウェーデンのビオラ社で開発されたエムドゲインは、子豚の歯胚(歯ができるもとになる細胞)から抽出した物質で、アメロジェ二ンという、もともと歯とその周囲の骨が作られるときに重要な働きをする、骨の再生を促してくれる物質です。

上で紹介している動画は、歯周病とエムドゲインについて、とてもわかりやすく説明していますので、ぜひご覧ください。

動画「歯周組織の再生」へ

補綴処置
以上の一連の処置がすべて終了し、歯肉の健康が完全に取り戻せた段階で、初めて冠などの最終的な被せ物を作る補綴処置に入ります。

メインテナンス
すべての治療が終了したときが新たなスタートです。歯周病の再発を防ぐためには、定期的なメインテナンスが不可欠です。初めは1か月ごと、次は2か月ごとというように徐々にメインテナンスの期間をあけていき、最終的には3~4か月に1回程度のメインテナンスを一生続けていかなければなりません。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら