精密根管治療

最新の歯科用顕微鏡、マイクロスコープを用いた精密な根管治療で根の治療の再発を防ぎます。
¥65,000〜

精密根管治療

当院では、マイクロスコープを使用した精密根管治療を行っています。
マイクロスコープを用いる事で微細で複雑な病巣も徹底的に掃除する事が可能で、根治療の成功率を高める事が出来るだけでなく、従来では抜歯になってしまった歯でも残せる場合もあります。

また、保険治療ではほとんど使用されないラバーダム防湿を必ず行うので無菌的な処置が可能ですので治りにくい病巣でも早期に治療する事が出来ます。

根管治療は、歯科治療の基礎とも言える治療です。歯を抜かなければならないほどむし歯が進行した状態でも、根管治療を行えば歯自体は残すことが出来る場合もあります。

ただし根管治療は、繰り返すことで歯の消耗を進めてしまいます。複数回再治療を行った歯は、割れたり小さくなったりして抜歯するしかなくなってしまいます。なるべく早い段階で徹底的な治療を行い、再発を予防することが大切です。

MTA治療

MTA治療根の治療の繰り返しによって根の床や横に穴が開いてしまっている場合、従来は抜歯しか治療法がありませんでした。最新の治療では、マイクロスコープで患部を拡大して見ながら、穴の開いている部分に精密にMTAセメントを詰めることで歯を残せるようになりました。
¥35,000〜
※このような歯は根の中も細菌で汚染されているので、マイクロスコープを使用した精密根管治療の併用が必須となります。

●MTAセメントとは
Mineral Trioxide Aggregateの略で、アメリカで既に1993年に開発されたセメントです。海外ではさまざまな臨床応用が認められていますが、日本では2007年に覆髄材としてのみ薬事認可されました。
主成分は、一般的に建築材料として使用されているコンクリートと同じです。湿潤下でも硬化できることと、固化時に放出される水酸化カルシウムが高い殺菌能力と歯の再石灰化促進作用を有するという、ほかのセメントにはない特別な作用を持っています。

MTA治療MTA治療

<MTA治療のメリット>
・従来は抜歯適応だった歯を抜かずに済む
・生体との親和性も高く、拒絶反応を起こしにくい素材
・細菌に対する殺菌作用も期待できる
・歯との密着度が高いため、細菌の侵入を食い止め、再発を防ぐ

根管治療の流れ

根管治療【STEP1】むし歯部分を、器具を使って除去する
次へ
【STEP2】根管部分の治療がしやすいように、穴を開けて神経に器具が届くようにする
次へ
【STEP3】リーマーという器具でむし歯に感染した部分を取り除く
※神経が死んでしまっている場合、神経を取る抜髄(ばつずい)処置を行います。
次へ
【STEP4】根管の奥まで薬を詰めて、炎症を鎮めてから封鎖する
次へ
【STEP5】症例により詰め物・被せ物を装着する

※日本の保険の根管治療の成功率は60%以下ですが、マイクロスコープを用いた根管治療の成功率は80%以上と言われています。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら