2015年1月30日

来月海外に行く予定がありますが、治療はできますか?

診療内容によっては、ほかの患者さんの合間をみながら優先的に治療を進めていくことも可能です。長期のご予定や環境が急激に変わるような事柄がある場合は、前もってご相談ください。また、セレックシステムでは、セラミックの詰め物や被せ物を即日装着可能ですので、あらかじめご相談ください。

赤ちゃんや子どもは預かってもらえますか?

ベビールームはございませんので、お預かりすることはできません。ご了承ください。ですが、待合室で静かにお待ちいただけるようであれば問題ありません。

市販用と歯科医院用の歯ブラシの違いは何ですか?

市販用の歯ブラシは、国民のブラッシング習慣の状況を前提に設計されたものです。一般的に国民の多くが磨いているであろう方法に適し、ブラッシングの効率がよくなると考えられているものです。歯科医院用は、歯科医師や歯科衛生士の指導のもとで使う前提で設計されているものです。当院では、歯科先進国であるスウェーデンで長年研究され、使われ続けているTepe社の歯ブラシをお勧めしています。

デンタルグッズだけを買いに行ってもよいですか?

もちろん大丈夫です。歯科でしか手に入らないものもありますし、一人ひとりに合ったグッズをご紹介できると思いますので、ぜひご来院ください。

とてもきれいな医院なので、高額な治療費を請求されそうで怖いです

そのようなことはありません。どの医院でも保険の治療点数(金額)は同じです。また自費治療に関しましても、勝手に行うことはありません。あくまでも相談の上、患者さんに選択権がありますのでご安心ください。

妊婦検診や成人歯科検診を受けることはできますか?

はい、受けられます。専用の用紙に必要事項をご記入の上、お持ちください。また、かかりつけの歯科医院がある場合は、その旨をお伝えいただくとスムーズです。

矯正をしたいのですができますか?

マウスピース矯正をすることができます。当院でお受けできないケースに関しましては、矯正専門医院をご紹介いたします。興味のある方はお声がけください。

朝起きたときに顎が疲れた感じがします

寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります。放っておくと顎関節症になったり歯が折れたりすることもあります。マウスピース等を使用して歯や顎を保護したほうがよい場合もありますので、そのような場合もご相談ください。

親知らずは抜かなければいけませんか?

きちんとブラッシングなどの管理ができれば、あえて抜く必要はないと言えます。ただ、手前の歯がむし歯になりやすかったりブラッシングが不十分になったりするため、炎症を繰り返すときは抜いたほうがよいこともあります。ご相談ください。

レントゲンの放射線量は安全ですか?

照射量の少ないデジタルレントゲンシステムを採用しております。3日間外出する自然放射線よりも少ない量ですので、ご安心ください。ただし、妊娠中の方に関しましてはレントゲンを控えていますので、あらかじめスタッフにお伝えください。

歯がぐらついていますが痛みはありません。抜かなければいけませんか?

拝見してみないと何とも申し上げられませんが、ぐらついている歯の周りの歯ぐきに炎症が起きていることが多いです。もしそのような状況であれば、そのままにしておくと左右の歯に悪い影響が出ることがあるので、抜くことをお勧めします。

歯がしみるのですが、むし歯でしょうか?

歯がしみる原因はいくつかありますが、1つはむし歯が大きい場合です。ほかに、歯周病が進行したために歯ぐきが痩せてしまった場合や、強く磨きすぎのため歯が削れてしみることもあります。一度診察をお勧めいたします。

痛いのが嫌いなのですが、痛みを感じないクリーニングや治療は可能ですか?

クリーニングにもさまざまな方法があります。痛みを感じずにできる方法でクリーニングをしたいと考えていますので、患者さんの声を聞かせていただきたいと思います。また治療に関しては、麻酔をすることができますし、麻酔の前に表面だけに塗って表面を麻痺させる薬を使用しているので、痛みを感じることは少ないと考えられます。

とにかく痛みが苦手です

痛みが出る治療の場合、麻酔をすることにより治療中の痛みを減らすことができます。また麻酔の際にも、表面麻酔を用いることにより針を刺す際の痛みを軽減することが可能です。ただし、炎症が強い場合は麻酔が効きづらいこともあるので、炎症を抑えてから治療を行うように心がけています。

何回も通院が必要なのはなぜですか?

治療内容によっては、お薬を交換しながらの治療が必要な処置や、歯石が多い場合やむし歯が多い場合はどうしても一度での治療が困難なことがあります。また保険治療では保険の制約があるので、一度で治療できるときもあれば、2~3回治療回数がかかることもあります。

初めての診察を受けたいのですが、突然行っても大丈夫ですか?

予約の方が優先となりますので、かなりお待ちいただくことも考えられますし、予約状況によってはお断りすることもございます。あらかじめお電話にてご予約いただきますようお願いいたします。急な痛みや至急治療が必要な場合でも、一報いただければ受付にてお話をお伺いし、当日入りやすいお時間をご案内いたします。

どうしたらむし歯や歯周病が予防できますか?

歯の表面や歯ぐきの隙間に溜まってしまった細菌や細菌のカスであるバイオフィルムを定期的に除去することで、むし歯や歯周病が予防できます。バイオフィルムは一度除去しても3~4か月で再び溜まってしまうので、定期的なメインテナンスを行ってお口の健康を維持していきます。

当院ではむし歯や歯周病の予防のため、治療やクリーニングを終えた方に3か月または4か月ごとにメインテナンスを受けていただいています。基本的には、お口の中の健康状態(見た目、レントゲン写真を撮った状態での確認)や歯周病のチェック、むし歯のチェック、歯ブラシの状態のチェックをして、患者さんに合ったクリーニングをしていきます。お口の中の状態にもよりますが、1日でクリーニングまで終わってメインテナンスになる方と、2~3回に分けてのクリーニングが必要な方もいます。

むし歯や歯周病は歯磨きだけで予防できますか?

残念ながらむし歯も歯周病も歯磨きだけでは予防できません。どちらも、原因となる生活習慣の改善や専門家によるクリーニングが必要です。また、治療終了後も専門家によるメインテナンスの継続が必要です。

予防は保険がききますか?

メインテナンスは、お口の中の健康を保つための予防処置です。健康保険制度は病気を対象にした疾病保険であるため、健康な状態には適応されません。あらかじめご理解ください。

ホワイトニングは何歳からできますか?小学生でもできますか?

ホワイトニングの安全性がわかっているのは成人に対してのみのため、成人以降が好ましいと考えられます。残念ながら小学生にホワイトニングは適応されませんので、ご了承ください。

セレック治療に興味があります。話を聞くだけで来院してもよいですか?

ご相談というかたちで、セレック治療についてご説明をさせていただくことは可能です。ですが、具体的な治療内容につきましては、診査を行い、お口の中を拝見させていただいてからでないとお答えできませんので、一度ご連絡ください。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら