麻酔時の痛み対策

表面麻酔表面麻酔
麻酔を打つ前に、まず患部の表面を麻酔します。麻酔効果のある薬剤を歯ぐきに吹き付けたり塗ったりすることで表面の感覚をなくし、注射の痛みを和らげます。塗るだけなので、表面麻酔時に痛みを感じることはありません。

細い注射針を使用細い注射針
麻酔を注入するときの痛みの原因は、注射針の圧力です。太い注射針だと圧力が強くなり、痛みを感じやすくなります。当院では33ゲージの極細針を使っているため、痛みは最小限に抑えられます。

当院では、電動麻酔とともに手動での麻酔注射も行っておりますが、これは電動麻酔では対応できないくらいの繊細な圧力のかけ方ができる、ドクターの確かな技術の裏付けでもあります。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら