マイクロスコープの登場は"歯科治療の産業革命"

マイクロスコープ従来の肉眼での歯科治療では、長年培った勘や予測に基づいて、見えない物をあたかも見えるかのように治療しています。今は「見えない治療から、見て治療する時代」へと進化しています。

さまざまな外科手術においても、マイクロスコープと専用のメス、縫合糸を用いることで肉眼ではできなかった繊細な歯肉移植手術が行えたり、細い縫合の糸を使用することで外科手術の侵襲を大幅に軽減したりすることができます。

むし歯の治療(カリエス処置)
指の先ほどの歯の中の、むし歯の部分だけを正確に除去しなければなりません。むし歯の部分を取り損ねたら再発してしまい、削り過ぎてしまうと歯を弱くしてしまうので、細心の注意と集中力、そして完全には見えないので勘も必要です。

マイクロスコープを用いると拡大して見えるので、健康な歯を痛めずにむし歯の部分だけを正確に除去できます。

マイクロスコープマイクロスコープ

神経の治療(根管治療)
入口の直径が1mmにも満たない複雑な形の根の内部の管を探ってその中に器具を挿入し、きれいにしていかなければなりません。その内部をいかにきれいにできるかが、その歯の一生を決定づけます。

細い管の入口を探す作業、内部をきれいにする作業、肉眼では見ることのできない部分を根気と勘で治療をするしかありませんでしたが、マイクロスコープでは、根管という細い管を根の先の方まで直接見て治療することが可能です。

マイクロスコープマイクロスコープマイクロスコープ

審美歯科治療
審美歯科治療の成功の最も重要な要素は、意外かもしれませんが被せ物の色調や形態ではなく、周囲の歯肉と被せ物の境目の調和自然です。被せ物と歯の境目の小さな段差やほんのわずかなミクロのセメントの取り残しが細菌の巣となって歯肉の炎症を引き起こし、徐々に歯肉を下げてしまい、数年後には境目が見えて審美治療の失敗となります。

肉眼では確認しづらいこのような部分も、マイクロスコープでは手に取るように見えるのでとても安心です。

マイクロスコープを使ったむし歯治療(動画)