むし歯の進行サイクルと治療方法

【STAGE1】初期むし歯(CO)Co
ごく初期のむし歯です。歯が少し溶け出しているだけで、まだ穴は開いていません。むし歯だと自覚して受診される方は少なく、ほかの治療の際に見つかるケースがほとんどです。

●一般的な治療
・すぐに削って治療
・根本的な原因を除去せずそのまま放置した場合は【STAGE2】へ進行

<当院がご提案する治療>
ブラッシング方法や生活習慣、食生活に関するヒアリングを行います。問題点を指摘し、改善を促して自然治癒である再石灰化を促し、予防歯科での経過観察をご案内いたします。

【STAGE2】中期むし歯(C1~C2)C1
歯の表面を覆っているエナメル質に穴が開いた状態です。むし歯がエナメル質の下にある象牙質にまで達していることもあります。

●一般的な治療
・むし歯の除去(歯を削る、金属を詰めるなどの治療)
・保険診療の範囲内での処置のため、数年後さらに大きい範囲の治療が必要に。【STAGE3】への進行の可能性あり

<当院がご提案する治療>
できるだけ削らないMI治療に取り組み、審美的にも耐久性にも優れたダイレクトボンディングやセラミックの詰め物によるセレック治療をご提案いたします。それに加えて、予防歯科のご案内もいたします。

【STAGE3】中期~末期むし歯(C2~C3)C3
末期になると、神経が通っている歯髄の部分までむし歯に冒されています。むし歯菌が炎症を引き起こし、歯髄炎になることもあります。この段階になると、激しい痛みを感じます。ただし慢性的に進行した場合は痛みがまったくないこともあります。

●一般的な治療
・根管治療(神経を抜き、細菌を除去して密閉)および金属の詰め物・被せ物
・細菌の取り残しや殺菌が不十分な場合は再発の恐れがあり、健康保険の根管治療の半数近くが将来再治療となる。【STAGE5】へ進行

<当院がご提案する治療>
肉眼での治療では神経を取ることになってしまう深いむし歯でも、マイクロスコープを使用して治療を行えば多くの場合神経を保存可能です。また、神経を取る場合はマイクロスコープを用いた再発の少ない精密根管治療を行います。
根管治療終了後は、歯を長持ちさせるためにセラミックの詰め物・被せ物による治療をご提案いたします。予防歯科もご案内します。

【STAGE4】歯の根だけの状態(C4)C4
すでに歯の根しか残っていない状態です。すでに神経が死んでしまっているので、痛みはあまり感じなくなります。この段階になると、ほとんどの場合は抜歯するしかありません。

●一般的な治療
・抜歯ののち、プラスチック製の入れ歯など、保険診療の範囲内での処置

<当院がご提案する治療>
根だけになってしまった歯でも、特別な矯正装置で数か月かけて歯を引っ張り出すことで抜かずに済む場合もあります(MTM)。また、抜く予定の部分にご自身の親知らずを抜いて移植することができる場合もあります。
残念ながら抜歯となってしまった部分は、インプラント治療や自費診療の入れ歯での治療をご提案いたします。予防歯科もご案内します。

【STAGE5】治療した歯の不具合
すでに治療を受けた歯に不具合が生じて受診された場合は、再治療が必要です。

●一般的な治療
・根本的な原因を除去せず保険診療の範囲内での処置。その後【STAGE5】の繰り返しに

<当院がご提案する治療>
再治療の繰り返しは、将来の抜歯につながります。生活習慣などをヒアリングし、不具合の原因を除去し、再治療の繰り返しにならないように、セラミックや精密根管治療等の自費診療をご提案いたします。予防歯科もご案内します。

まずはご相談ください

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 24時間ネット予約 当院までのアクセスはこちら